2018年06月14日

ダイニングテーブルを処分する

先日。

使っていたダイニングテーブルと椅子を家庭ごみの袋に入るくらいに分解し、処分した。

代わりに、良く言えばバーカウンターほどの高さの小さなテーブル………ドトールコーヒーとかで見かける1〜2人で使うようなの………を置いた。

椅子は使わない。

つまり、立って食事をする。


ダイニングテーブルと椅子が占領していたスペースがすっきりし、室内が広くなった。


固定された場所でなく、その時の気分でテーブルの場所を変える。




テレビは3.11で床に落ちて壊れて以降、買い替えることはしなかった。

テレビを視聴しないことに慣れてしまえば、どうということもなく、その時間は家人との会話や互いのそれぞれのしたいことに当てている。
今後、僕と家人はあらためてテレビを購入することはないだろう。

ソファも昨年だかに処分した。

40年ほど使用していた僕の両袖のスチール製事務机も処分した。
代わりに引き出しの無いワークデスク………ノートパソコンが載るくらいのスペース………をパソコンと書き物用に2つをL字して使っている。

引き出しに入っていた物を整理してみれば、さほどのモノは残らず、結局のところ、引き出しも特に必要ではなかったのだと感慨深かった。




テレビを中心にする、ソファを中心にする、ダイニングテーブルを中心にする。

知らず知らず自分の中に根を下ろした、無意識に行動を規定する何かから、少しだけ離れられたのではないかなぁ、とは思う。

人に勧められることでもないけれど、風通しと視界が以前よりも良くなった気はするよ。

ただ、掃除は格段にやり易くなった。











【日々の泡の最新記事】
posted by Cat's hand at 19:48 | Comment(0) | 日々の泡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする