2019年02月17日

その大根は幸せな夢を見る

住宅街のなかの作業現地での昼休憩で、飲料の自動販売機を探していたら、農家の敷地内にある無人販売の棚に野菜が並んでいるのを見つけた。
スーパーマーケットでは見かけることのない規格外の大根と目が合い、ポケットから取り出した硬貨を料金入れの空き缶にいれた。

image27.png

直径15センチ、葉の部分を除いた長さが30センチ。

何気ない街中で、予期せず口元をほころばせる小さな出来事を見つけることは楽しい。
それは僕にとっての幸せだと思うことのひとつである。







posted by Cat's hand at 23:31 | Comment(0) | 日々の泡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。