2020年02月17日

自衛を考えると不審者になる件

一般参賀が取り止めになり、東京マラソンも縮小、人混みは避けてね、とか、状況がじわりと変化してきて、満員電車とかはガチャの様相になってきて、でもマスクはどこも品切れになっていて、何だかなあ、と思います。

で、考えたんですけどね。
オートバイ用のフルフェイスのヘルメットにレインスーツ、炊事用のゴム手袋。
これなら外出しても何とかなるんじゃないかと。

実施する勇気は今のところありませんけれど。
というよりも、不審者の極みですね。

漠然とした不安をこうして茶化して心の平安を保とうとしている小心者の庶民ですが、一つ咳をしただけでも白い目で見られるような風潮になっていくのも、ちょっとイヤだなあ、とも思います。

効果があろうがなかろうがマスクをしていないだけで咎められるというのも釈然としませんし、でも買いに行っても売ってないんだもん、ということで、キッチンペーパーとかガーゼとか布とかで自家製マスクをちくちく縫って作りましょう、と思う次第です。

混ぜっ返さない真面目な部分としては、開放できない窓ガラスの施設や設備はこうした状況の時にアレだなあ、と思います。
密閉空間での空調とかね。

誰だよ、高気密で24時間換気なんてのを決めたのは。

「陰影礼賛」を読め。


image42.png

作業時に普段している眼鏡が汚れて傷むのを防ぐ目的で購入したのだけれど。
状況によってはお買い物とかでも使うようになる?

早く沈静化して欲しいものですね。

庶民からは以上です。

posted by Cat's hand at 19:39 | Comment(0) | 日々の泡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。