2015年02月22日

トイレのおそうじで見落としやすいかも知れないアノ部分のこと

 2月22日。

 中国からの観光客の皆様に人気だという温水洗浄便座。
 本国で売ってないことはないでしょうとも思いますが、お土産になるというのは知りませんでした。

 …で、少し前ではハリウッドの俳優さんたちの間で密かにブームだったそうだし、日本に来たリサとガスパールもコクピットみたいだと驚いていたりと、時々話題になるのですが、元々は医療用の設備がご家庭用に変化したもので、初期には和式の洗浄機能付も開発されてたのですが、微妙な問題もあったようでこちらは日の目は見なかったよね、という歴史もあったりします。



 お店や施設ではもう普通に設置されている感のある温水洗浄便座、最近では賃貸物件などでも普通に見かけます。
 俳優の伊東四朗さんは、外出時は温水洗浄便座付のトイレを探してでも利用すると、随分前に(普及し始めの頃)テレビで語っていたと記憶しています。

 そんな感じで極々普通に暮らしに溶け込んだ温水洗浄便座ですが、ご家庭でご使用中ならより快適に使用するために、ちょっと知ってても良いかもよ、という話を以下に。


image126.jpg

 スイッチを押すとにょにょにょっと出てくるお尻を洗ってくれるノズルの部分。
 使用におけるご家庭差、個人差はありますけれど、長年使ってると、こんな感じになってきます。
 まあ、何て言うか、アレですね。

 トイレ用の洗剤とトイレットペーパーで湿布して、いらない歯ブラシかなにかでこすって、水で流して拭きます。
 流せるトイレットペーパーでなくサランラップとかでも良いですけど、ラップの処理もアレなので。

 手で引っ張って出てくるのや、コンセントを抜いて入れて通電した際に出てくるので出たらコンセント抜くとか、座んないと反応しないとか、機種によりさまざまです。

 時々、目をかけてあげて下さいな。

image127.jpg





 
posted by Cat's hand at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | トイレ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする