2011年10月20日

シンプルは複雑に勝る


市川市内、とある店舗のエアコンクリーニングを行なう。
天井埋め込み・吹き出し1方向と家庭用壁掛け型。

思い立ってケータイでビデオを撮ろうとしたら、途中で電源が切れた。
残念。

特に話すことも無し。



111020_1409~0001.jpg

ドレンに差し込んで吸う、あのスッポンが上手く使えない時に、ドレンにチューブを差し込む。
手元側のチューブの口はゴム栓を通してあり、掃除機の吸い口に接続して、掃除機のスイッチを入れる。
掃除機でなくスッポンでも良いし、チューブも2本である必要もない。
無くてもいいけれど、作ったので使っている。
ドレンに気を配る人はいないから、結構、紫外線でパリパリに劣化していて、触っただけてパキパキ崩れたりするからさ。

良いじゃん、と思ったら作ってみてちょ。


ウチではスッポンと呼んでいる
   ↓









メールの問い合わせの中に、エアコンの問い合わせが入っていて、昨年依頼した業者さんが分解を断念したので、お前のところは出来るか? というような内容。

お掃除機能付きのエアコン。

お掃除機能付きなんだから、お掃除いらないでしょ、と思うのは僕が意地悪だから。

ホームページにはお掃除機能付きについては触れてはいないし、記載の価格では受けようもないので、気持ちが向くまでは在宅では一切受けない。
(入居前とかの空室ではやるんだけどね)

なのでこういうのは他所でご相談を。

と言うより、その昨年の業者さんに頼んで欲しいと思う。
得意機種になってるかもしれないしさ。

良い掃除屋さんを見つけたければ、自分で育てるってのもあるわけだよ。
今は効率一辺倒だけど。

業者の立場では、不断のお勉強は大切、って言うまっとうな意見は、まあ前提だけれども、そんなことは承知した上で。










物事はすべて、シンプルが良いと思います。







posted by Cat's hand at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | エアコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする